親子読書のすすめ

お問い合わせ

山形県PTA連合会
山形市大字風間字地蔵山下2068
(弘栄設備工業株式会社内)
TEL.023-676-8693
FAX.023-676-8694

新着情報

ごあいさつ

会長 鈴木真一
山形県PTA連合会
会長 佐藤 博之

 関係各位におかれましては、常日頃より本会の活動に深いご理解と温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。  山形県PTA連合会は、昭和24年の結成以来70年余、山形の子どもたちの健全育成を図ることを目的に、研修活動を中心とし活動が受け継がれてきました。
 この70年の間に社会環境や子育ての環境は大きく変化しました。しかし、子どもを愛する心、自分を愛する心、自分の住んでいる町への愛情はいつの時代も変わらないものだと思います。安心して子育てができる環境とはすなわち、お互いを信頼し合える保護者や学校、地域の方々との連携があってこそだと思います。子どもたちの豊かな教育環境の整備や学校における働き方改革などもこの三者の連携協力なくしては成し得ないものなのではないでしょうか。育成にかかわりながら親も学校に出向いたり、研修に参加したりしながら、見識を広め、一緒に成長していくことこそが私たちのやらねばならないことだと思います。
 さて、今年は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため各郡市PTA研修大会及び山形県PTA研修大会酒田飽海大会や日本PTA東北ブロック研究大会会津若松大会等が軒並み中止となったほか、日本PTA全国研究大会富山大会も中止となりました。私たちの貴重な研修の機会が大きく失われた年であります。このようなコロナ禍において一層協力と工夫された活動が求められていると考えます。
 このような中、7月15日付で公益社団法人日本PTA全国協議会長より令和4年度日本PTA全国研究大会山形大会の開催委任状が正式に届きました。実行委員会を中心に山形の精神文化を根底に据えた心の「つながり」をキーワードに県内全域での開催に向けた準備をしております。この大会を通して山形県のPTAが全国に発信され、ますます活性化することを期待いたします。
 最後に、県P連スローガンは今年度も「子どもを愛し 地域を愛し 互いを信頼し合うPTA~織り成す縁に感謝 子どもたちと一緒に今を生きる!」としました。このようなコロナ禍にあってもPTA活動を通して家庭・学校・地域がお互いを尊重し、理解し合い、出会えたご縁に感謝しながら、子どもたちの笑顔と明るい未来を創造できるようこれからも一緒に行動して参りましょう。